ポツポツイボ・スキンタッグを自宅で簡単キレイに治すイボケアコスメ比較

極め艶肌

原因と治し方

イボの治療は液体窒素?痛い?治療期間や料金は?

投稿日:

Sponsored Link

イボを病院で医療する場合に、液体窒素を使用すると痛みが伴うかどうかについてお話していきたいと思います。

イボや首イボの治療を病院で行う場合は液体窒素を使用する療法が一般的です。

この療法は簡単に言いますと、皮膚の細胞を凍らせたり溶かしたりを繰り返すものであり、-196度の液体窒素を用いて行います。

この液体窒素を綿棒等に染み込ませ、ウイルスに侵された患部を急激に凍らせて低温火傷のような状態にすることで、ウイルスの発生源になっている皮膚の浅い部分の表皮細胞を破壊するという療法です。

また免疫が活性化されることによってウイルスを懲らしめる働きや、抗炎症効果も発揮あると言われており、アトピー性皮膚炎や痒みの強い症例で使用される場合もあるそうです。

この療法では、ウイルスの住処となる表皮細胞が壊れるとカサブタとなって剥がれ落ちます。

治療当日の治療時間は数分で済み、自宅での処置も特に必要はありませんし、入浴等も普段通り行って構いません。

お薬とお薬手帳ただし、治療の翌日は治療した部分が少しチクチクする可能性や、水ぶくれになる場合もあります。

そして、治療後2日~7日目の間に段々に黒っぽいカサブタに変化してきます。

その後は約2週間位を目安に、カサブタがとれるのを待つことになります。

予定通りカサブタがとれて凸凹がなくなり、キレイになれば治療は1回で済みますが、まだ凸凹がある場合は2回目の治療を行うことになります。

治療後の2日目に水ぶくれから血マメのようになっても、黒っぽいカサブタになりますので、あまり心配しないようにしてください。

ただし、水ぶくれが破れたり、治療範囲以上に患部の周りまでが赤く腫れてしまった場合は医師に相談するようにしましょう。

液体窒素による療法が有効なのは、手指や足のウイルス性のイボ・首イボ・顔や身体の老人性のイボ等だと言われています。

この療法で痛みがあるかどうかということですが、これは確かにあるものの、治療部位によって痛みの程度は違うと言われています。

まず痛くない部位の順番については顔→首→身体の順で、逆に痛い部位の順番は爪周りや指先→手→薄く削って治療する際の足の裏だと言われ、ヒリヒリしたり1日痛い場合もあるそうです。

Sponsored Link

液体窒素による治療は何処の医療機関で行っても保険がきき、1回1500円位の費用で済むそうです。

殆どの場合は皮膚科で治療を行いますが、形成外科で行う病院もあるそうです。

-原因と治し方

Copyright© 極め艶肌 , 2018 All Rights Reserved.