ポツポツイボ・スキンタッグを自宅で簡単キレイに治すイボケアコスメ比較

極め艶肌

お肌を気にする女性

原因と治し方

首イボ・スキンタッグ、ポツポツ・ブツブツ、かゆい原因と治し方

投稿日:

Sponsored Link

デコルテふと気がつくと、首にちいさなポツポツができていたという経験をされる方は意外と多いのではないでしょうか。

これってイボ・スキンタッグ?

そうなんですよ。

実は、首はイボ・スキンタッグができやすい場所です。

首にイボ・スキンタッグやちいさなブツブツができ、かゆいというのはいくつかの原因があります。

首にできるイボ・スキンタッグやブツブツの原因とその対策法、かゆみのげんいんと対策をお伝えします。

ポツポツ・ブツブツとできる首イボ・スキンタッグの原因

首にできるイボ・スキンタッグはアクロコルドンと呼ばれる、1ミリ程度の微細なイボ・スキンタッグです。

顔ほど目立ちませんが、指でさわると小さな突起になっていて気がつくといくつかできていることがあります。

このような首のイボ・スキンタッグができるにはいくつかの理由があります。

加齢

人は年を取るにしたがって肌のターンオーバーが滞り古い角質が肌に留まりやすくなります。

老廃物が溜まった肌はイボ・スキンタッグができやすい状態です。

そして年齢が上がるにつれて肌は外部からのダメージを受けやすくなります。このように弱った状態の肌もイボ・スキンタッグに繋がります。

衣類・アクセサリーの摩擦

衣類やアクセサリーの摩擦です。

特に首や胸元はネックレスとの摩擦でイボ・スキンタッグができることがあります。

紫外線

紫外線紫外線などによる影響です。

顔や腕はしっかり日焼け止め対策をしている方が多いですが、首は以外と紫外線対策を忘れがちな場所です。

夏場の強い紫外線はもちろん、一年中紫外線は降り注いでいます。

首も紫外線の影響を受けやすく、紫外線でダメージを受けた首のお肌はイボ・スキンタッグができることがあります。

ポツポツ・ブツブツとできる首のイボ・スキンタッグの対策法

首にできてしまったイボ・スキンタッグを悪化させないように次のような対策方法があります。

摩擦の回避

スキンケアできてしまった首に摩擦がおきないようにすることです。

摩擦が起きるのは肌の乾燥が要因となります。

そのため、乾燥を防ぐ保水や保湿効果のあるローションやクリームなどが有効です。

首も顔と同じように、一年中お肌のケアが必要です。

お肌のターンオーバーの促進

お肌のターンオーバー老化を防ぐために、肌のターンオーバーを促進させることです。

そのためには、規則正しい生活を送ることやバランスの良い食事をとり、体の内から改善していくことが大切です。

ターンオーバーが促進され新陳代謝を高まると、古い角質が剥がれ落ち新しい肌の生まれ変わるようになります。

そしてイボ・スキンタッグの原因となる老廃物が蓄積されにくくなります。

イボ・スキンタッグ化粧品の利用

できてしまったイボ・スキンタッグを治す対策です。

イボ・スキンタッグを治すには、最近ではイボ・スキンタッグ化粧品なども販売されています。

首のイボ・スキンタッグは、医院での治療が必要なほど大きなものではないので、このようなイボ・スキンタッグ化粧品で十分対策していくことができます。

手軽にできるイボ・スキンタッグ化粧品で早速自宅ケアを始めましょう。

首のイボが痒い原因

鏡・首のスキンケア首イボは皮膚の老化、あるいは衣服のよる摩擦や、紫外線を長時間浴びたことによるダメージ等が原因として考えられます。

Sponsored Link

しかし、重大な疾患の可能性もありますので、尋常でない痒みや変化等の異常を感じた場合は、早めに皮膚科を受診するようにしてください。

首のイボは老人性イボと呼ばれる場合もあり、皮膚の老化に伴ってできることが多く10代や20代でできることは滅多にありません。

加齢によって肌のターンオーバーが乱れ新陳代謝が衰えてしまうことによって、首にもイボができやすくなってしまうのです。

首イボは基本的には痒みを伴うものではないのですが、もし痒みを感じたとすれば、首は皮膚の薄い部分で刺激に弱いことから、少しの刺激でも痒みの原因になることがあると言われています。

特に冬場は外では乾燥し、室内でもストーブやエアコンの暖房等によって空気は乾きがちになり、首の辺の皮膚も乾燥してしまうだけでなく、タートルネックのセーターやインナーの着用によって、首の部分の皮膚は繰り返し擦れてしまいがちになります。

そして首にイボがある場合は刺激となって痒みを伴ったり、アクセサリーによる金属アレルギーになって痒くなってしまう場合もあります。

かゆい首イボの対策法

保湿している女性首のイボの痒みを防止するためには、痒みの最大の原因である乾燥を防止するため、首に保湿成分のあるジェル等を付けたり、アクセサリーで痒くなってしまう人は極力アクセサリーを付けないようにすることが大切です。

また室内にいて暖房を使用する場合は洗濯物を干したり、可能であればストーブに薬缶をかけてお湯を沸かしたり、加湿器を使うなどの対策をとるようにしましょう。

また下着は化繊のものではなく綿製のものを来て、セーターもなるべくタートルネックのものは避け、普段首にセーターのチクチクした部分が触れていないようにしてください。

痒みは多くの場合は一過性のことが多いですので、痒みが酷い場合には水で濡らしたタオル等で冷やせば、大抵はおさまるのではないかと思います。

痒いからといって掻いてしまいますと悪化してしまいます。

かかないよう十分注意し、痒みが出てきたら痒み止めを塗っておくようにしましょう。

しかし以上のような心当たりがないのに長時間痒みが続いている場合には、最初の方でお話したように何らかの疾患の可能性もありますので、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

-原因と治し方

Copyright© 極め艶肌 , 2018 All Rights Reserved.